ムダ毛処理で起こるカミソリ負けの対処法とは


ムダ毛の処理をカミソリで行っている人もいると思いますが、カミソリでのムダ毛の処理ってカミソリ負けをすること多くありませんか?
ちょっとしたプラスαのケアでカミソリ負けによる肌トラブルを解消しましょう。

カミソリ負けの症状

カミソリ負けの見た目の症状として主なものは、肌荒れでガサガサになってしまうことや、赤みが出たり、湿疹が出ることもあります。
また、カミソリで剃った部分の毛が皮膚の下に埋まってしまいそのまま生えてきてしまう埋没毛があります。
見た目でわからなくても、肌がヒリヒリしたり、痒くなるのもカミソリ負けの症状です。

そんな症状を確認したらカミソリ負けをしているという自覚を持って肌ケアをしながらムダ毛の処理をしたほうが良いです。

カミソリ負けの原因

カミソリの刃が悪くなってきているにもかかわらず、使い続けていませんか?
劣化したカミソリの刃で処理を行っていると肌への負担が大きくなってしまいますので様子を見ながら月に一度は刃の交換をお勧めします。

また、肌に何もつけずカミソリでムダ毛の処理をすることも言語道断です。
カミソリを使用する時はシェービングクリームを利用し、肌に負担をかけない処理を心掛けましょう。
その他に、毛の流れに逆らって剃る逆剃りも肌への負担をかけますので注意しましょう。

おすすめのケア方法

まず、赤みや痒みが気になる場合は肌が炎症を起こしている状態ですので、肌を冷やして落ち着かせることで症状は治まってきます。
埋没毛はそのまま様子を見て、肌の表面に毛が出てくるのを待ちます。
しかし、どうしても待てない・その毛が気になる…という時には毛抜きなどで引っ張って毛を抜き、保湿剤などでケアをしましょう。

クリームが良い?

カミソリ負けをしてしまった時はクリームでのケアが良いです。
ワセリンやオロナイン軟膏は自宅にも常備されている人も多く、カミソリ負けの肌症状の改善に効果が期待できます。

その他にも、肌荒れに効果があるクリームとして販売されているメンソレータムビタミンクリームやオーデクリームSなども良いです。

カミソリでのムダ毛の処理をした後に肌ケアをしていますか?剃った後のお肌は乾燥しやすい状態になっています。
そのまま放っておいてしまうと乾燥状態が進み、肌トラブルが起こってしまうのです。
カミソリで処理をした後は、化粧水やワセリン、保湿クリームなどで十分に保湿してカミソリ負けが起こらないようにケアしてあげましょう。